読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私立イケメン学園~自転車競技部の逆襲~

神奈川県在住中年男性サイクリング備忘録

ふじあざみラインと富士山スカイラインの両方を堪能…出来なかった(前編)

f:id:meetmen:20161005000545j:image

自転車仲間のTさんがあざみラインについて楽しそうに語るものだから、Iさんに火が着いてしまい、寒い時期に入る前にみんなで走りに行こうという事に。なんやかんやと自分とUさんにまで飛び火して4人で行って参りました。

自分的にあざみラインは未体験。関東最凶とも恐れられる道を、怖いもの見たさで軽く参加してしまったけれど、あんな過酷な道がこの世に存在していたとは…いい勉強になりました。 

 

f:id:meetmen:20161005072609j:image

今回、あざみラインだけかと思ったら次にスカイラインも登るという意味不明な人達。しかも御殿場側からではなく富士宮側からという、不可解なり。

Tさんの車にご厄介になり総勢4人で御殿場駅前の駐車場まで。自転車の準備が出来たらまずはあざみラインを目指しウォームアップがてら須走口まで登ります。

 

f:id:meetmen:20161005072625j:image

週末は相変わらず天気が悪いのだけど何故かこの日だけは晴れてしまい決行となりました。雨天中止をちょっと期待していたのだけど(笑)。しかし現地着いたら雨が降った後という感じで霧が濃かったです。山の天気は分からん。しかし路面ウエットのあざみラインなんてイヤな予感しかしない。

 

f:id:meetmen:20161005072837j:image

写真でよく見る看板だ。思わずハシャいで写真撮影を。キツいキツいって言ったって五合目まで11.5kmでしょ?なんとかなる距離じゃん?と、思っていた時期が私にもありました。

 

f:id:meetmen:20161005185350j:image

なんやかんやと須走口まで登りきって、とりあえず道の駅すばしりに入って作戦会議。ここであざみ慣れしたTさんから「リタイアする場合はLINE送って下で待ってて下さい。LINEが無い限りは上で待ってます。」と…。マジか、そんな約束ごと初めてじゃないか(笑)。

 

f:id:meetmen:20161005185423j:image

前日に「FUJI-ZONCOLANヒルクライム」が開かれていたようで。おそらく設置されたてのベンチ。

 

f:id:meetmen:20161005185439j:image

さんざん脅かされて登坂開始。路面はしっかりウェット。しばらくはひたすらまっすぐな登りを。

 

f:id:meetmen:20161005190743j:image

この看板も写真で見たことある。登坂中は当然余裕が無いので下りで撮影。この後から少し山深くなって峠道のような雰囲気になった、ような気がする。正直ずっと下向いてたので景色はほとんど覚えていない。

 

f:id:meetmen:20161005185731j:image

噂の馬返し。話には聞いていたけど、長い登りの最中に20%超えの勾配が現れるって…。どうすりゃいいのよ、路面ウェットで滑るし。道を作る時にもっとどうにかならなかったのかと恨み節。

休みどころが無いので20%の勾配が10%になった時に休む感じ。休まるか(笑)。

 

f:id:meetmen:20161005190610j:image

バスとか乗用車とか、車も登るの大変そうでした。ここはどうにか突破したんだけどその後の20%超えでもうどうにも踏めなくなって、フラフラして立ちゴケしそうになったので慌てて足を着いてしまった。

一度足を着いてしまえばもう吹っ切れて(悪い意味でw)その後は休み休み登りました。

 

f:id:meetmen:20161005191142j:image

もう何度やめようかと思ったけど皆んな上で待ってると思うとやめられずに登頂。一人で来ていたら100%引き返していたと思います。

 

f:id:meetmen:20161005190826j:image

さすが日本一の山の最も過酷な登坂ルート。とりあえず、しばらくは来たくありません(笑)。

 

f:id:meetmen:20161005191404j:image

バイクラックもありました。こんなとこまで自転車で来る人がいるなんて…。

 

f:id:meetmen:20161005191426j:image

新五合目の茶屋の周辺は特に見晴らしも景観も無いので、さらに上にある駐車場まで登ってみたけど雲ばかりでした。天気が良ければ景色が拝めるのだろうか。

 

f:id:meetmen:20161005191436j:image

とりあえず須走口五合目の看板で証拠写真を残す。この後コーラ飲んでトイレ休憩して雑談してたら急に雲が多くなって霧深くなってきたので慌てて下山。

 

f:id:meetmen:20161005191451j:image

見通しが悪く路面もウェットなのでいつも以上に慎重に下山。っつーか20%越えの下りって…。登りもキツいが下りもキツい。

そして寒い。この日はストームクルーザーを背中に突っ込んでおりました。しっかり着込んで下山で正解。

 

f:id:meetmen:20161005191505j:image

あざみラインを下ると下界は晴天で暑いくらい。着込んでいたストームクルーザーを背中に突っ込んで再び夏装備に。そして次の登坂ルートであるスカイラインを目指して富士宮方面へと脚を進めました。

 

後編へ続く。

 

鬼あざみ (講談社文庫)

鬼あざみ (講談社文庫)